ホーム > アーカイブス/Archives > ミディアムシップのデモンストレーションの模様

ミディアムシップのデモンストレーションの模様

2015年12月3日に開催された『イブニング デモンストレーション』でのミディアムシップのデモンストレーションの模様をお伝えします。内容は一部、読みやすく編集されております。ミディアムは吉田きよみです。
 
吉田ミディアム:初めてご来場の方が当たっていないので、あなたに行っていいですか?
おばあさんを感じますね。小柄な方で、とてもこまめに動かれる方で、台所でお米を研いでいるところを見せてくださっています。大世帯で家族に対して、かいがいしく世話をしているところが見えます。
 
女性:母なのか祖母なのかわからないのですが。
 
吉田ミディアム:おばあちゃんは大家族で住んでいましたか?
 
女性:そうですね。
 
吉田ミディアム:かいがしくこまめに、家族の世話をする方でしたか?
 
女性:はい、たぶんそうです。
 
吉田ミディアム:長生きされた感じがします。80代とか90代とか。
 
女性:95歳位だったと思います。
 
吉田ミディアム:老衰で亡くなったという感じで、長く生きて十分尽くして(霊界に)帰りました、と言っています。
おばあさんのためにお線香とかあげていますか?
 
女性:私は、お仏壇はないのですが、おばあちゃんのためだけでなく、全体のために部屋であげています。
 
吉田ミディアム:そのことだと思います。あなたのその思いは届いていますよと言っています。あなたはお線香を365日ほぼ忘れることはないと言っています。
ちょっと、難しいことを言っています。あなたが直面している深刻な問題のことを言っています。
まずは、誰かのせいとか何かのせいとか、そんなのじゃないからと言っていて、何かのせいとか自分ができなかったからとか、そういうふうに思わないでいてくださいと言っています。
 
女性:(うなずかれています)
 
言い方が適切かどうかはわからないけれど、時間に任すというか、どーんとしていてくださいと言っています。
時が解決するようなことがあるよと言っていて、何かをやったら画期的に変わるという問題ではないので、やるだけをやったら運を天に任せるではないですが、誰のせいでもないし、その方のせいでもないし・・。
こういうことは起こるんだよね・・気の毒だけど、残念だけど、こういうこともあるよね・・と言っていて、人生の勉強のひとつだよねと言っています。
 
女性:(うなずかれています)
 
あなたはこのところ、かかりきりで良く頑張っているねと言っています。他の家族のことも含めて良くやってくれていますと言っています。
おばあちゃんの後ろにお父さんが来ているんですよ。お父さんはあまり口数が多い方ではなかったのではないでしょうか?
 
女性:はい、そうですね。
 
吉田ミディアム:おばあちゃんの影に隠れて、いらっしゃるんです。おばあちゃんが全面に前に出ているので、(お父様とは)通信があまり取れない感じです。
お父さんが応援してくださっていると感じています。今日はおばあちゃんが代弁して通信を取っています。
大変な状況の中でも、楽しみを見つけて、時には気分転換をしたり、あなたなりの楽しみ方を見つけて言ってくださいと言っています。
道端の猫を見つけただけでも「ああ!ネコ、かわいい」と、幸せになるとか、クリスマスのイルミネーションを見てみんなが幸せそうでいいなとか、そういう風にできる人だから、小さな幸せを見つけていってくださいとおっしゃっています。 
あなたの苦労を誰も評価してくれなくても、霊界は見ています、私たちも見ていますと。お母さんのことは大変だけれども、上と時間に任せてくださいと言っています。
奇跡が起こらないことはない、可能性はゼロではないと。よくなる可能性、良い方に向かう可能性も捨てずに頑張ってくださいと言っています。
よろしいでしょうか。ありがとうございました。
 
女性:ありがとうございます。

カテゴリー: アーカイブス/Archives