ホーム > アーカイブス/Archives > チャリティ・パブリック・サービスでのデモンストレーションの模様

チャリティ・パブリック・サービスでのデモンストレーションの模様

2016年4月23日に開催された『チャリティ・パブリック・サービス』でのミディアムシップのデモンストレーションの模様をお伝えします。会場が笑いに包まれる楽しいミディアムシップのエビデンス(証拠)が展開されます。
内容は一部、読みやすく編集されております。ミディアムは吉田きよみです。
 
ミディアム:今日は(霊界から)男性がたくさんお越しいただいています。まるで、ダークダックスのように並んでいるんですよ(笑)。
 
会場:(笑)
 
ミディアム:ダークダックスのように3人並んでいる男性方です。たぶん、ご親戚の方々だと思うんですけど、まずは「今日ここに集まってくださったみなさんは偶然じゃないよとおっしゃっていて、現実にも仲良くやっていけるよ」とおっしゃっています。
男性の方で、精悍な感じの人で正義感が強く、誠実で曲がったことが大嫌いな人です。爽やかな好印象の方で、好青年がそのまま大人になっていったという感じ、どなたかのおじさまだと思います。60代後半か、病気になってから亡くなるまでは時間が短かかったようです。ここにいらっしゃる方が小さい頃にこの方の家に遊びに行って、そこにも子供が集まっていて、そこでは子供たちが遊んでいる感じがします。
長男か二番目くらいで、お仕事は会社員か堅いような仕事をしていました。
 
(一人の女性が思い当たるようで、手を上げてくれました)
 
女性:わかります。母方の伯父ですが、3人そろっている意味も分かります。
子供のころ、よく家に行って子供たちで一緒に遊んでいました。
(ブログ掲載許可の際に確認したところ、3人の仲良しの叔父さんがご他界されているそうです。
3人の叔父さんは全員が精悍な顔立ちで、一人はダークダックスの中のメンバーに顔立ちも雰囲気も似ているそうです)
 
ミディアム:3人の意味もわかるんですね。家で遊んでいた時には、このおじさんが、よくお菓子とかを買ってくれた感じがします。キョロちゃんのチョコボールとか(笑)
 
女性:本当にそれ(チョコボール)をもらいました(笑)
 
会場:(笑)
 
ミディアム:たぶん子供が何人来ていても、同じのを5個とか、みんなに買ってあげていたと言っています。(あなたは)すごい勢いでそれを食べていたと言っています。
 
女性:そういうところがあります(笑)
 
会場:(笑)
 
ミディアム:みんなは大事なおやつだからと少しずつ大切にゆっくり食べるのに、あなたは一気に食べたと言っています(笑)。その様子が、買ってあげた甲斐があって、うれしかったと言っています。
 
女性:はい。
 
ミディアム:大人になってからは、あんまり会う機会がなくなったと言っています。お葬式くらいですか?
 
女性:その一回前くらいには会いましたが、ほぼ会っていませんでした。
 
ミディアム:「大人になってからは、交流があまりなくなってしまって残念でした」と言っていて、それでもお母さんから情報を聞いていて、何をしているかは知っていたそうです。
 
女性:はい。
 
ミディアム:最後、お葬式の時に来てくれて、あなたが自分に声をかけてくれたと言っています。
自分の亡骸(なきがら)に。そのことがすごくうれしかったと。「(あなたの言ったことが)すごく的を得ていたから、胸を打った」と言っています。その時には「あなたはすでにスピリチュアルな勉強をしていて、霊界の話をしてくれた」と言っています。そうですか?
 
女性:はい、その通りです。
 
ミディアム:「そのことが、とてもうれしかったし、上に行ったらその通りだった」と言っています。
「自分はまだ(ご遺体が横たわっている時には)意識はこっちの人間で暮らしている時の意識があって、
亡くなっているのはわかっていたけど、話してくれていることは本当かな?と半信半疑だったけど、上に行ってみたら、あなたの言った通りだった」と言っています。そして「あなたのかけてくれた言葉によって、自分は安心して行くことができました。御礼を伝えたいです」と言っています。
 
女性:はい。(ブログ掲載の許可の際に確認したところ、葬儀の時、おじさんに向かって、心の中で、霊界にいたるまでの道のりについて、どうなるのかをテレパシーでずっと話しかけていたそうです)
 
ミディアム:「すべてはうまくいっているよ。もっと、身軽になれ!」と言っていて、ショルダーバッグが見えてくるんです(笑)
 
会場:(笑)
 
女性:(笑)(この日の荷物も多かったそうです!)
 
ミディアム:荷物を少し減らすことは、比喩だと思うんですけれど「あなたには必要最小限で大丈夫」と言っていて、「あなたは、あれをやっとかないと、これもやっておかないとと、たくさん心配でいろんなものを自分の身の回りに持っていて、でも、もっと身軽にやっていてもことは足りるから、もっと身軽にいけるよ」と。「大丈夫だから、やりたいことを軽やかにやっていってください」と言っています。
そして「ありがとうございます」とあなたに感謝を伝えています。
 
女性:ありがとうございます。
 
ミディアム:ありがとうございました。

カテゴリー: アーカイブス/Archives