ホーム > アーカイブス・霊界通信の記録/Archives > スピリットアートのデモンストレーション

スピリットアートのデモンストレーション

2017年3月20日に開催された『チャリティ・パブリック・サービス』は、10名ほどの参加者様にお越しいただき、あたたかい雰囲気のなかで開催されました。
そのときのスピリット・アートのデモンストレーションの模様をお伝えします。
内容は読みやすくするために多少の編集・省略がされています。
スピリット・アートとミディアムは吉田きよみです。

「スピリットアートのデモンストレーションとは・・?」
スピリットアートを描くミディアムが、まず、亡くなられた方(霊)とのコンタクトを確立し、似顔絵を描き始めます。その似顔絵は、10分程度で描き上げます。描きながら、また描いた後にエビデンスやメッセージを伝えていきます。

ミディアム:(今この会場にスピリットが)何人かいらっしゃるのを感じています。
女性の方です。看護師さんを感じます。
ショートカットで、色の白い方を感じます。
お母さん的なエネルギーを感じます。母方のエネルギーとか、母親の愛情を感じます。
また自分の子どもも人の子どももみんな平等といったように心の広い方です。街角の子どもにも思いやりを持つ方です。60歳くらいに見えています。
病気になってから、亡くなるまでの時間が短く感じます。闘病生活が短くて亡くなった気がします。
白い服を感じます。ユニフォームか割烹着の様なシンプルな服を感じます。

**スピリットアートが始まる。霊界通信中のスピリット(故人)を描き出している。**

ミディアム:ここまでで思い当たる方はいらっしゃいますか?

**さらに描き続けるミディアム。**

ミディアム:(絵を描きながら)ショートカットなんですよね。はつらつとした感じです。
よく笑う人かな!明るく根明な方。生前、明るくて良く笑っていた方だと思います。ムードメーカー、にぎやかな方。
この中に、医療系や福祉関係の方はいませんか?
なんだかやはり、看護師さんを感じます。看護師さんにお世話になった方なのか・・。

この絵(ミディアムが描いたサイキックアート)を見てお心当たりの方はいますか?
お知り合いの方で誰かに似てるなと思う人がいたら教えてください。
結構にぎやかで、よく話したりする方で、おしやれとかも好きかな。
本とかもよく読まれた感じがするかな・・。

チャリティ・パブリック・サービス

**一人の男性が発言してくれました。**

男性:私の親族ではないのですが、妻の母方の妹 つまり叔母がナースをしていました。
(ミディアムが描いたスピリットアートを見て)似ています。

ミディアム:亡くなったのは最近ですか?そんなに昔に亡くなった感じではないんです。
男性:はい。

ミディアム:60歳くらい。
男性:はい。元気な方だったと聞いています。

ミディアム:帰ったら聞いてみてほしいのですが・・。
本も好きだったようです。よもや自分が病気で倒れて、自分がこのような仕事をしているのにこんなに早くなくなるとは思わず、自分でもびっくりしていると言っています。後悔はないのですが・・。
家族には子供がいたと言っています・・男の子がいると言っています。
男性:はい。

ミディアム:都市部に住んでいたと感じます。
男性:はい。

ミディアム:自分の仕事や人生に誇りを感じていたのと、一生懸命に何にでも取り組んでいたと伝わってきます。
おしゃれが好き。おしゃれな方でハンドバックや洋服などショッピングが好きだったと、息抜きというか、忙しい中でも、そういったことが楽しみだったと言っています。
そして、子どもさんの成長が何よりも自分で楽しみだったと言っています。子どものことで色々あったけど、子どもさんは、ここに残してきたものの証であると言っています。

では、奥様のほうに何かメッセージが来ているので伝えますね。
とにかく私は一生懸命生きましたということを言いたいそうです。
人生の時間は有限であるから、やっぱりやりたいと思うことはためらわず、できることをどんどんやった方がいいよということを言っています。
またいつかやるとか、何年後にやるとかじゃなくて、やりたいことはどんどんやってほしい、人生を有意義に使ってほしい。失敗ってないよと言っています。失敗なんてしないから自信を持ってやってくださいと言っています。

生前、結構仲良かったんですかね、おばさんと奥様。仲良くしてくれてありがとう、慕ってくれてありがとうと伝えたいそうです。
娘みたいに思っていたところもあるかもしれないですね。とても親しく感じていたと言っています。
小さい頃、公園、遊園地など、(奥様を)よく連れて行ったと言っています。
本当に生前ありがとうと言っています。
人生をエンジョイしてくださるようお伝えくださいとのことです。
ありがとうございました。

**描かれたスピリットアート(絵)は、終了後にこの男性にプレゼントされました。

この男性の方が、自宅に帰られて奥様に絵を見せたところ、たいへん似ていると驚かれていたそうです。
ありがとうございました。**

カテゴリー: アーカイブス・霊界通信の記録/Archives