ホーム > アーカイブス/Archives > ほっとTeaTime♪ > ほっとTeatime♪【書籍紹介】シルバーバーチ 今日のことば

ほっとTeatime♪【書籍紹介】シルバーバーチ 今日のことば

みなさま、こんにちは。キキディです。厳しい暑さだった夏も終わり、季節は秋となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回のほっとteatime♪では『読書の秋』にちなんで、書籍の紹介をさせていただきたいと思います。ご紹介させていただくのは、新装版「シルバーバーチ 今日のことば」です。

スピリチュアリズムを学んでいる方であれば、シルバーバーチと呼ばれる高名なスピリットをご存知の方も多いかもしれません。シルバーバーチは1920年から約60年間という長い間、英国人モーリスバーバネル氏を霊媒として、様々な霊的真理を世に知らしめ、大きな影響を与えて来ました。その数千回とも言われる交霊会でのスピリチュアルメッセージは「シルバーバーチの霊訓全11巻」などの書籍シリーズで発行されていましたが、あいにく出版社の廃業によって主だった書籍は絶版となりました。しかし、この夏からペーパーバックで復刻の動きがあるようで個人的にはとても嬉しく思います。

今回ご紹介します「シルバーバーチ 今日のことば」は、シルバーバーチの霊言の全訳を半世紀をかけて成し遂げた翻訳者である近藤千雄氏が、その膨大な全訳の中からいくつかを選び、いつでも手に取り、持ち歩けるようにと編集されたものです。パラパラとめくると、霊的な真実や叡智がそれぞれのページに読みやすく記されています。1つの文章はほんのわずかの時間で読める分量なので、1日の始まりや終わりに、パッと開いて目にしたところをランダムに読むのもおすすめです。でも、その内容の奥深さについて自分なりに考察したり、たましいの視点で読んでみるには少し時間を要するかもしれません。いくつかの名言には左ページに英文も記載されているので、英語が得意な方や英語の勉強をなさっている方はそちらも楽しめます。

ちなみに、シルバーバーチの交霊会では霊言は同席者の速記で記録されており、その速記原本はイギリスのアーサーフィンドレーカレッジ2階の心霊博物館で見ることができます。そして、その交霊会ではシルバーバーチは「シルバーバーチ」という名前ではなく、とある別のニックネームで呼ばれていたというエピソードも聞くことができます。

最後に一文だけ、本書より引用させていただきます。
『自分が決して宇宙で一人ぼっちでないこと、いつもまわりに自分を愛する霊がいて、ある時は守護し、ある時は導き、ある時は補佐し、ある時は霊感を吹き込んでくれていることを自覚してください。そして霊性を開発するにつれて、宇宙最大の霊、すなわち神に近づき、その心と一体になっていくことを知ってください』 ~新装版 シルバーバーチ今日のことば より抜粋~

お読みいただきましてありがとうございました。
この秋がみなさまにとって実りの多いものとなりますように。

[Deta]
書籍名:新装版 シルバーバーチ今日のことば
発行:ハート出版
訳編者:近藤千雄 

カテゴリー: ほっとTeaTime♪, アーカイブス/Archives